カラートリートメントバーナー

top 》 How To Use

How To Use

●髪に整髪料など何もついていない乾いた状態、またはウェットにした髪(タオルで十分に水気をとった状態)に塗布してください。
●色の染まりにくい方、白髪の根元部分や深くカラーを入れたい方は、専用カラーブースターの使用がおすすめです。

STEP 1 【塗布】

CASE 1.

直接、頭皮に塗布→分け目のカバーにおすすめです。容器のノズルを直接、分け目など染めたい部分の地肌に塗布し、手(手袋着用)、または市販のブラシなどでなじませます。

 

カラトリ分け目

CASE 2.

ボタニコートブラシを使用して塗布→生え際のカバーにおすすめです。ブラシにクリームを出し塗布、根元からブッラシングするようにクリームジェルを毛にからませます。直接地肌につきにくく、手が汚れないデザインです。

 

ブラシ使用方法
ブラシ使用方法2

CASE 3.

手で気になる部分に直接塗布→根元までしっかりとカバーしたい方、広範囲の白髪をカバーしたい方におすすめです。トリートメント&既存のカラーの退色予防目的の方におすすめです。気になるところに擦り込むように。染料は基本的にシャンプーなどで落ちますが、手袋の着用をおすすめします。

 

カラトリ手塗り

CASE 4.(カラーブースター併用)

カラーブラシを使用しない、量を多めに使用したい場合は、容器などにカラートリートメントex 3に対してカラーブースターを1の割合で混ぜ合わせてご使用ください。
例)カラートリートメントex 30g : カラーブースター 10g 計 40g

 [専用カラーブラシ使用] 

カラーブラシのイラスト図
カラートリートメント使用分量

STEP 2 【浸透】

根元、生え際または髪全体に塗布してよくなじませ、25〜30分程度放置します。しっかり染めたい場合には、乾かないようにラップをしドライヤーなどで5分ほど加温していただくか、または少し長く時間を置くのをおすすめします。 

STEP 3 【すすぎ、シャンプー】

お湯に色が出なくなるまで、しっかりすすぎます。その後、シャンプーをして洗い流します。

使用上の注意

・ブリーチ力はありませんので、暗い髪を明るくすることできません。
・使い続けることにより少しづつ色は深くなって行きますが、およそ1〜2週間程度で色は退色します。
・ネイルなどに色素が沈着する場合がありますので、気になる方は手袋の使用をおすすめします。
・カラーが浴槽に直接ついた場合は、直ちに洗い流してください。髪を洗い流す際は、浴槽や壁など先に濡らしてご使用いただくと着色しにくくなります。
・染料のすすぎが充分でないと、タオル・枕カバー・衣類などに色移りしやすいのでご注意ください。
・直接、衣類や布などにつくと落ちにくくなりますのでご注意ください。
・カラートリートメントご使用後は、よくすすいで乾かしてください。濡れていると色移りする場合がありますのでご注意ください。
・傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
 

BOTANICOATラインナップ

リタッチラインナップ
ハーブラインナップ
カラトリラインナップ
スカルプリバランシングラインナップ
ヘアスタイリング